なぜ日本に鬼門という言葉が浸透したのか?

家を建てるときに家相というのが気になっている方も多いと思います。
家相の中で特に気になるのが鬼門という方位や裏鬼門という方位です。

鬼門の方は北東の方になります。
裏鬼門の方位は南西の方になります。
鬼門とは逆の方向になります。

鬼門が日本に伝わったのは中国からです。
中国では北東の方角から敵が攻めてくるってことがあり、
不吉であることから嫌われる方位になっていました。

現代でもあまりうまくいかない場所や方角のことを
自分にとって「あの方向は鬼門だ」「あの場所は鬼門だ」
などということがあります。

なぜ、中国の言い伝えが日本にこれだけ浸透したのでしょうか?

日本でこれだけ鬼門や裏鬼門というのが気にされるようになったのは
日本の国土の形に理由があります。

日本の地図を見ると北東の方角と南西の方角に長く伸びているのが分かります。
鬼門の方位は北東で裏鬼門は南西ですから
現在地から見えて、自分のいる場所以外はの北は鬼門、南はすべて裏鬼門になります。

陸上では戦国時代にかかわらず敵が攻めてくる方位は
必ず北東や南西の方位になるのです。

そこで中国から伝わった鬼門という考え方がぴったりあいました。
日本で浸透してくるのには日本の国土の形状に非常に関係があったということです。

現代では鬼門の方位から敵が攻めてくるということはありませんが、
あまりいい印象ではない方角不吉な方角として伝えられるようになりました。



運気運勢ブログが大集合。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ
にほんブログ村

風水ランキング




家の間取り集

カテゴリー: 家相,家相 方位,家相 鬼門 | Tags: , ,

家相とは

家相がなぜ現代まで重視されるのか?

それは、リスクが少なくなるからです。

家を長持ちさせるためには、凸凹がないほうが良いです。

なぜならば構造的にシンプルなほうが耐久性が高く
シンプルな間取りのほうが屋根形状もシンプルで
雨漏りのリスクが軽減されます。

鬼門というのは北東の方位のことを指します。

中国の言い伝えで悪い方位の起源は
北東から敵が攻めてくるからというものです。

それが言い伝えになって今に残る理由は
なぜだと思いますか?

いまは敵は攻めてきません。
戦争状態ではないから。

それでも鬼門の北東は冷えやすく、
南西の裏鬼門は想像より室内の気温が上がります。

そこで家相と言うジャンルを使いながら
命の危険がある間取りやゲリラ豪雨で雨漏りするような家を
避けた方が良いですよ、と

説いているわけです。



最近の投稿

プロフィール

一級建築士、住宅設計を主に手掛けています。設計に携わって30年、家相とか風水はあてにすると根拠も薄く面倒ですが、邪魔にすると失敗することもあります。施主の要望で風水や家相はいやというほど学びました。調べた結果、バッサリ切り捨てるほどうそでもないです。現代の住宅でこのぐらいは押さえておきたいということを真剣に解説します。家相や風水のとらえ方の参考になれば幸いです。

ブログロール

PVアクセスランキング にほんブログ村