中廊下のある間取りが家相で悪いとされる理由とは?

中廊下のある間取りが家相(風水)で悪いとされる理由にはいくつかの要因があります。以下に、具体的な理由を詳しく説明します。

1. 気の流れが悪くなる

閉鎖的な空間:中廊下は家の内部に位置し、両側が壁で囲まれているため、気の流れが滞りやすくなります。
風水では、良い気が家全体にスムーズに流れることが重要とされており、閉鎖的な中廊下はその流れを妨げます。

エネルギーの停滞:長い廊下はエネルギーの停滞を招くことがあり、
特に中央部に位置する場合、家全体のエネルギーのバランスが崩れやすくなります。

2. 光と風の取り入れが難しい

自然光の不足:中廊下は窓が少ないか、全くないことが多く、自然光が入りにくいです。
風水では、明るく開放的な空間が良い気を取り入れるとされており、暗い中廊下はこれに反します。

換気の問題:通気性が悪く、風が通りにくい場所は気が淀みやすいです。
風通しの良い空間は健康運を高めるとされているため、通気性の悪い中廊下は好ましくありません。

3. 空間の無駄

機能性の低下:中廊下はスペースを多く消費する割に、
生活空間としての機能が限られています。風水では、家の各部分が有効に使われ、
活気ある生活ができることが理想とされますが、中廊下はその逆です。

利用価値の低いスペース:廊下は通行するためだけのスペースであり、
実質的な生活エリアとしての価値が低いです。
これは家のエネルギー効率を下げると考えられます。

4. 家庭運への影響

家族の孤立感:中廊下は家の各部屋を分断する形になり、
家族間の交流を妨げることがあります。風水では、
家族の和や交流が運気を高めるとされているため、
家族が孤立しやすい間取りは好ましくありません。

家族の不和:廊下が長く続くことで、
家族間の距離感が生まれやすく、
不和の原因になることもあります。

5. 風水的な象徴

悪いエネルギーの通り道:長い廊下は、
悪いエネルギー(陰気)が通りやすいとされます。

特に、廊下の突き当たりに部屋がある場合、
その部屋には悪い気が溜まりやすくなると言われています。

切断の象徴:風水では、廊下が家の中央を貫通していると、
家族の繋がりが断たれる象徴とされ、
不運を招く可能性があると考えられます。

中廊下のある間取りが家相で悪いとされる理由は、
気の流れや光・風の取り入れに関する問題、
空間の無駄遣い、家庭運への影響、そして風水的な象徴に基づくものです。

これらの要因が家全体のエネルギーバランスを崩し、
住む人々の健康や運気に悪影響を及ぼすとされています。

風水を取り入れた住宅設計では、これらの点に注意し、
気の流れがスムーズで明るく開放的な空間を作ることが重要です。



運気運勢ブログが大集合。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ
にほんブログ村

風水ランキング

家の間取り集

カテゴリー: インテリア,家相,家相 廊下 | Tags: , ,

家相とは

家相がなぜ現代まで重視されるのか?

それは、リスクが少なくなるからです。

家を長持ちさせるためには、凸凹がないほうが良いです。

なぜならば構造的にシンプルなほうが耐久性が高く
シンプルな間取りのほうが屋根形状もシンプルで
雨漏りのリスクが軽減されます。

鬼門というのは北東の方位のことを指します。

中国の言い伝えで悪い方位の起源は
北東から敵が攻めてくるからというものです。

それが言い伝えになって今に残る理由は
なぜだと思いますか?

いまは敵は攻めてきません。
戦争状態ではないから。

それでも鬼門の北東は冷えやすく、
南西の裏鬼門は想像より室内の気温が上がります。

そこで家相と言うジャンルを使いながら
命の危険がある間取りやゲリラ豪雨で雨漏りするような家を
避けた方が良いですよ、と

説いているわけです。



最近の投稿

プロフィール

一級建築士、住宅設計を主に手掛けています。設計に携わって30年、家相とか風水はあてにすると根拠も薄く面倒ですが、邪魔にすると失敗することもあります。施主の要望で風水や家相はいやというほど学びました。調べた結果、バッサリ切り捨てるほどうそでもないです。現代の住宅でこのぐらいは押さえておきたいということを真剣に解説します。家相や風水のとらえ方の参考になれば幸いです。

ブログロール

アーカイブ