家相を気にするメリットとは

家相と言う言葉を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?

これから新築する人も少しは気にするものです。

運気とか運勢を気にする人が多いため
家相もそのような意味合いで気にする場合が多いと思われます。

家相と呼ばれる方位を気にする場合スピリチャルな性質で
科学的根拠がないように感じますが、
気にしておけば損はないようなことも多いのです。

例えば玄関の位置ですが、北東の鬼門を避けるのには理由があります。
昔は北東から敵が攻めてくるという中国の言い伝えで
北東の方位の玄関から悪い気が入ってくると言うことで
嫌われる方位でした。

実際には強い北風を受けるので
ドアを開けると一気に外部の冷たい空気が内部に流れ込むことや
玄関ドアがあおられて故障の原因になることから
避けたほうが無難とはいえます。

逆に南西の裏鬼門の玄関は西日で温度が上がりやすく
夏には不快な温度に達してしまうので
玄関を通るたびに気分が悪くなるということがあります。

南東の玄関のほうが朝にさわやかに出かけられると言うこともあります。

トイレもまた北東が嫌われるのは温度差のことがあります。
冷えすぎたトイレは心臓に負担をかけるため
ヒートショックなどで倒れてしまうこともあります。

トイレや浴室や洗面脱衣室に暖房をいれることで
現代の住宅では解消できますが、温度差には注意が必要です。

南西の裏鬼門のトイレは小便などの飛沫が温度上昇で
においなど不快な現象を起すのであまりよくはありません。

今のトイレは脱臭や除菌、自動洗浄機能が付いているので
さほど気に名ならなくなりましたが
温度上昇で内部の空気は不快なレベルになりやすいことには変わりありません。

今でも家相を気にするという人がいるのは
気にかける家作りのメリットとデメリットがあるからといえます。



家の間取り集

カテゴリー: 家相,家相 トイレ,家相 玄関 | Tags: , ,

家相とは

家相がなぜ現代まで重視されるのか?

それは、リスクが少なくなるからです。

家を長持ちさせるためには、凸凹がないほうが良いです。

なぜならば構造的にシンプルなほうが耐久性が高く
シンプルな間取りのほうが屋根形状もシンプルで
雨漏りのリスクが軽減されます。

鬼門というのは北東の方位のことを指します。

中国の言い伝えで悪い方位の起源は
北東から敵が攻めてくるからというものです。

それが言い伝えになって今に残る理由は
なぜだと思いますか?

いまは敵は攻めてきません。
戦争状態ではないから。

それでも鬼門の北東は冷えやすく、
南西の裏鬼門は想像より室内の気温が上がります。

そこで家相と言うジャンルを使いながら
命の危険がある間取りやゲリラ豪雨で雨漏りするような家を
避けた方が良いですよ、と

説いているわけです。



最近の投稿

プロフィール

一級建築士、住宅設計を主に手掛けています。設計に携わって30年、家相とか風水はあてにすると根拠も薄く面倒ですが、邪魔にすると失敗することもあります。施主の要望で風水や家相はいやというほど学びました。調べた結果、バッサリ切り捨てるほどうそでもないです。現代の住宅でこのぐらいは押さえておきたいということを真剣に解説します。家相や風水のとらえ方の参考になれば幸いです。

ブログロール

PVアクセスランキング にほんブログ村

  • SEOブログパーツ