災害に弱い土地、家相上悪い土地とは

大きな災害などがあると、あの地域の家は大丈夫だったろうか?

あそこは大丈夫だったろうかと気になるものです。

しかしながら、大きな災害があって時間が経過すると
意外にも忘れ去られて危機意識が薄まってしまうものです。

江戸時代に大きな災害があった地域で
ここには家を建ててはいけないと決められた場所だったところが、
時間の経過で住宅街になってしまい
東日本の震災で大きな被害を受けたのは最近の話です。

液状化する場所が分譲されて地震で被害が出ているのもニュースでありました。

狭い日本の国土のせいでしょうか?

要するに問題のある土地が販売されていることです。

買い手としてはわからないことも多いのです。

でも、気を付けていればわかることがあります。

海側の明らかに地盤が弱い地域は誰もが知ることができます。
(昔海だった地域や軟弱地盤はネットで知ることが可能です。)

水害が多発する地区も調べればわかることです。
過去に床上浸水のあったエリアは知ることができます。

他には騒がしいエリアや物騒なエリアも足を運んだり
購入前に他人に相談すればわかることでしょう。

過去に事故物件だったかどうかも不動産購入前に問い詰めればわかります。

斜面地など、土砂崩れなどがおきそうな場所は見ればわかりますし
眺望が良いとか高級住宅街で雰囲気が良いなど
どうしても購入したい場合は一級建築士に相談するのがベストです。

三角形など変形地についても建築士に購入前に間取りを書いてもらうのがベストです。

狭い分譲地というのも安く買いやすいのでメリットはありますが
周りの音が壁に反射して聞こえやすいのはあらかじめわかっておかなければいけません。

わかりそうでわからないのが周囲の人間関係です。

これは周囲に聞き込みするしか手はないのですが
聞いた本人がおかしな人であった場合手の打ちようがありません。

町内会の役員や会長さんなどしかるべき人にそれとなく聞く手もあります。

高圧電線やにおいを発する工場なども要チェックです。

子供の環境に悪い店舗などは購入前に周囲を散歩して把握しましょう。

T字路の突き当りも車のライトがあたったり
場合によっては車が衝突する危険性もあります。

土地を購入して家を建てた場合なかなか買い直しができないことですから、
事前確認を怠らないようにしましょう。

特に最近では記録的な台風やゲリラ豪雨など水害も多くなっています。

水害に対するチェックは怠らないようにしましょう。

地盤などについては役所にも資料がありますし
ホームページ上に災害のハザードマップを公開している自治体もあります。

地盤調査会社に聞くというのも一つの方法です。



運気運勢ブログが大集合。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ
にほんブログ村

風水ランキング

家の間取り集

カテゴリー: 三角形の土地は吉か凶か,家相,家相 土地 | Tags: , ,

家相とは

家相がなぜ現代まで重視されるのか?

それは、リスクが少なくなるからです。

家を長持ちさせるためには、凸凹がないほうが良いです。

なぜならば構造的にシンプルなほうが耐久性が高く
シンプルな間取りのほうが屋根形状もシンプルで
雨漏りのリスクが軽減されます。

鬼門というのは北東の方位のことを指します。

中国の言い伝えで悪い方位の起源は
北東から敵が攻めてくるからというものです。

それが言い伝えになって今に残る理由は
なぜだと思いますか?

いまは敵は攻めてきません。
戦争状態ではないから。

それでも鬼門の北東は冷えやすく、
南西の裏鬼門は想像より室内の気温が上がります。

そこで家相と言うジャンルを使いながら
命の危険がある間取りやゲリラ豪雨で雨漏りするような家を
避けた方が良いですよ、と

説いているわけです。



最近の投稿

プロフィール

一級建築士、住宅設計を主に手掛けています。設計に携わって30年、家相とか風水はあてにすると根拠も薄く面倒ですが、邪魔にすると失敗することもあります。施主の要望で風水や家相はいやというほど学びました。調べた結果、バッサリ切り捨てるほどうそでもないです。現代の住宅でこのぐらいは押さえておきたいということを真剣に解説します。家相や風水のとらえ方の参考になれば幸いです。

ブログロール

PVアクセスランキング にほんブログ村