鬼門や裏鬼門のトイレが嫌われる理由

住宅を建てるときに嫌われる方位というのがあります。
鬼門と裏鬼門になります。

鬼門は北東の方向になります。
そして裏鬼門は南西の方向になります。

玄関やトイレなどを配置すると良くないと言われている方向になりますが、
ここまで日本で嫌われるようになったのは理由があります。

例えばトイレについてですが、トイレでは服を脱ぐという行為があります。
その時に冬場に北東の方向は非常に冷えるために
心臓に負担がかかってしまうということから
ヒートショックなど体に害を与える現象も起きかねない状態になります。

そのことから北東の冷えやすいトイレの位置が嫌われるようになったのです。

また裏鬼門の南西の方向ですが夏場は非常に温度が上がる場所になります。


(現代のトイレは清潔なので全く問題がない)

以前の日本のトイレは水洗ではなかったために
物が腐りやすい南西の方向のトイレは非常に不快な温度まで上昇し、
匂いなどの問題なども生じました。
中にいるのも辛いぐらいの時期もあったと考えられます。

水洗トイレになった現代でも南西のトイレは温度が上昇する場合もありますので
清潔ではありますが他の場所に比べて不快なスペースになりがちです。

ですので裏鬼門のトイレも現代でも嫌われる方位であるのは間違いありません。

南西方向の玄関も同様で夏場温度が異常に上昇したりします。
温度が上がりすぎると家に帰ってきた時や家を出るときなどに
不快な温度になり気分が盛り下がります。

北東の玄関についても家を出るときや帰ってくる時に
温度が下がると体に悪いといったことも生じてきます。

元々鬼門の方向から敵が攻めて来るって言ったことで嫌われた方位になっていますが、

トイレや玄関を配置するのにあまり思わしくない方位だということで
現在は違った意味で嫌われているようです。

住宅を建てる上では気にされる方と
気にされない方もいらっしゃるようです。

家相や風水は一度気になると不安になってしまうものなので、
なぜ嫌われたのか?知っておきたいというところです。



運気運勢ブログが大集合。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ
にほんブログ村

風水ランキング

家の間取り集

カテゴリー: 家相,家相 トイレ,風水 2019 | Tags: , ,

家相とは

家相がなぜ現代まで重視されるのか?

それは、リスクが少なくなるからです。

家を長持ちさせるためには、凸凹がないほうが良いです。

なぜならば構造的にシンプルなほうが耐久性が高く
シンプルな間取りのほうが屋根形状もシンプルで
雨漏りのリスクが軽減されます。

鬼門というのは北東の方位のことを指します。

中国の言い伝えで悪い方位の起源は
北東から敵が攻めてくるからというものです。

それが言い伝えになって今に残る理由は
なぜだと思いますか?

いまは敵は攻めてきません。
戦争状態ではないから。

それでも鬼門の北東は冷えやすく、
南西の裏鬼門は想像より室内の気温が上がります。

そこで家相と言うジャンルを使いながら
命の危険がある間取りやゲリラ豪雨で雨漏りするような家を
避けた方が良いですよ、と

説いているわけです。



最近の投稿

プロフィール

一級建築士、住宅設計を主に手掛けています。設計に携わって30年、家相とか風水はあてにすると根拠も薄く面倒ですが、邪魔にすると失敗することもあります。施主の要望で風水や家相はいやというほど学びました。調べた結果、バッサリ切り捨てるほどうそでもないです。現代の住宅でこのぐらいは押さえておきたいということを真剣に解説します。家相や風水のとらえ方の参考になれば幸いです。

ブログロール

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村