仏間と神棚の方位、配置でしてはいけないこと

家を建てるときに気にすることの中に仏壇の方位や神棚の方位があります。

神棚や仏壇はマンションに住んでいる時からある
という方もいらっしゃると思います。

ですがマンションでは上に部屋があるというのは普通のことなので
あまり上の住人のことを気にしたりはしなかったと思います。

例えば仏壇の上を踏むような配置になってはいけないというのがありますが
マンションではどうしても上を通るといったことがあるかもしれません。

できないから気にしなかったということです。

戸建住宅では基本的には仏壇や神棚の上を歩くような間取りを作らない
というのが言われていることですですから仏壇や神棚の上は部屋がなかったり
収納であったりすることが多くなっています。

そのようなプランが作れなかった場合でも
天井を二重にするとか天井に雲と書かれた
専用のパーツを置くことで解消するといった方法があります。

他に言われているのは仏壇の上に神棚置かないとか
重ならないようにするということもよく聞かれます。

神棚や仏壇の向き、方位については一般的には南向きとか東向きと言われます。

北向きでなければ概ね良いとされています。

宗派によっては北向きにあえて配置する場合もあるので
その宗派の規則に沿ってと言ったところだと思います。

他に仏壇を置く場所についてよく聞く話としては
仏壇のすぐそばにトイレを置かないとか
仏壇のあるスペースの上にトイレを配置しないことがあります。

これは仏壇に入ってる方に失礼にならないように
隣に仏壇がとトイレが隣り合うとか
トイレの真下に仏さんをおくということを避けるためです。

よく聞かれるのは仏壇の中には他の家の位牌を中に入れないとか
神棚では御札を重ねて祀らないとかはよく聞かれます。

間取りには関係しないので簡単にできることではないかと思います 。

それから気にしたいところですが火災にあいにくい気づかいです。

現在ではロウソクなどをあまり使わないとは思いますが
仏壇の周りに火が燃え移らないようにする。

燃え移ることのないような配置が良いと思います。

カーテンのそばに仏壇とかは危険です。

実際に仏壇のところからも家事というのも聞かれることですから
燃え移る配置という配置は避けるべきでしょう。

家相 欠け対策

家を新築する時に家相というものを気にされる方も多くいらっしゃいます。

この家相というのは古くから日本で信じられていたことではあります。
迷信のように感じる方もいらっしゃいますが
現在も家を建てるときに役に立つ情報の一つであります。

というのはまず第一に張りや欠けなど(出っ張り引っ込み)がある
平面形状状態の家だと屋根は形状に影響してきます。

屋根の形状に影響するということは建物の耐久力に影響してきます。

例えば屋根の形状ですが張り(出っ張り)欠け(引っ込み)があると
凸凹があるとそれだけ屋根が複雑な形状になってしまいます。

複雑な形状になってしまうということは
屋根の形状の一部で雨漏りがしやすくなったり
壊れてしまったりする原因を作ることになります。

壁の形状についても引っ込んでいるところには
風が吹きだまりになり雨が吹き溜まりに集まってしまうことで
経年劣化を早めてしまうということがおきます。

劣化しない状態でもでこぼこのくぼみの部分に庭苔が生えやすくなり
見ために外壁の色を悪くしてしまいます。

そのため家の平面形状については長方形や正方形
シンプルな形にして周囲の風の通りや光を十分に当てられる
そういった配置計画が望ましくなります。

このことで30年40年とメンテナンスを極力しなくても
耐久性が高くなる家を持つことができます。

逆に張り欠けの多い家だと10年以内にメンテナンス費用が発生したり
あるいは10年20年30年の間に大きな出費を招いてしまったりします。

出費の面からも家相の張りや欠けをふまえて新築した方がベターです。

メンテナンスや気候の変動に耐えられる家を作るというのは
現代の中では最も重要なことになります。

というのは 日本においては地震に対しての耐久力が最も重要なことであり
台風そしてゲリラ豪雨なども集中豪雨などに対する強さというのも
新築する際での重要な項目であります。

そのことからも張り欠けのないようにして
自然災害などに備えた平面形状にするということが重要になってきます。

張り欠けを気にする場合に面に対して1/3以下の小さな欠けなどは
屋根の形状や壁の形状に大きく影響しないため無視して良い場合もあります。

例えば玄関ポーチのくぼみや出っ張りなどが
建物の構造計算上ほぼ影響がない場合も多く
出っ張りがあることで建物も構造計算上良くなったり
あるいは耐久性が落ちたりとか言ったことが発生しない場合があります。

その場合は気にしなくてもよいレベルになります。

そして家の張り欠けと同様に注意しなければいけないこと

新築の場合で土地を購入する場合のことです。

避けたい場所については代表的な例としては
北側が斜面になっている場所があります。

北側が日当たりが悪いということで条件が悪いからということです。

条件が悪いということでは周りが高く自分の敷地が低くなっている
これは湿気を呼んでしまうので建物の耐久性が落ちるということと
やはり悪い空気が周辺よりもたまりやすくなって健康面での心配があります。

また、三角形や台形などの変形した敷地も良くないとはされていますが
これについては正方形の敷地を考えた時に余分な部分
三角の部分とかそういったものを庭にするなという使い方をすれば
建物の建ぺい率などを考えると敷地に余裕がある場合はプラスになります。

駐車場や庭に使ってよりゆったりとした比率で建物を建てる
ということができるからです。

斜面になっているに対しても全てが悪いというわけではなく
景色が良かったりすることからは高級住宅街に多く見られます。

環境が良い場合にはプラスに働いてきます。

山側であるので地盤が強いということも多く見られます。

デメリットとしては建築費用が平地に比べて高額になるということがあります。

資金面でのデメリットありますが地盤が強く景色が良く環境が良いということで
高級住宅街によく斜面な立地が見られるということです。

今回は家相というのものが現代においても
重要なことであるということについてお話ししました。

家相と風水で災害と不景気に対応する

2018年の12月12日にその年を表す漢字が発表されました。

2018年は「災」です。

中でも7月の西日本の豪雨や台風21号などの自然災害は
記憶に新しいところになっています。

まず豪雨ですけれども記録的な雨量を計測して
それに対する屋根の雨漏り等が見られました。

今まで雨漏りがなかった家でも雨が室内に入ってくるという現象が見られています。
屋根だけでなく壁の部分からの漏水があります。

雨樋が雨を受けきれなくなって流れ落ちたという例もあります。

凸凹が少なく壁にも水がたまりにくく、
安全な屋根の形状にすることで
雨漏りがしないような形にしていくということが重要になります。

屋根の形状が複雑にならないような間取り、
張りや欠けのない間取りにすることで対応ができます。

そして、台風記録的な風を受ける台風が2018年におきました。
台風の災害に対しては風で壊れないような形状が求められます。

よく起きていたのがフェンスの倒壊や
吹き飛びやすい形状のものが吹き飛んということが起きていました。

軽い作りカーポートとかサイクルボートみたいなものが影響を受けていました。

普通の住宅の屋根も飛んだり、瓦が飛んだりということもありましたので
より頑丈な作りで頑丈な固定方法が求められます。

でこぼこがない間取りでそういったことでも防げることですので
張り欠けのない家を作ることで屋根形状も簡単になってきます。

家相風水に配慮した張り欠けのない間取りにすることで
風に対する影響を受けないようにするということができます。

今後の予想ですけれどもこういった災害というものの他には
玄関とかトイレとか方位や風水いうのもあります。

そういったのもの中に景気を左右する家相や風水、
そういったものもう重要になってくるのが予想されます。

2018年12月にはリーマンショック以来の日本株価の変動等が見られました。
不景気の予感させるもの流れを感じさせています。
ということで景気の動きにも備えがあれば良いということになってきます。

家相や風水的に有効な部屋としては書斎のある間取りを作る方法があります。

書斎の使い方として会社での仕事を家に持ち帰る場合と
家主が仕事から解放されて趣味の時間もつ二つのタイプがあります。

両方どちらに使っても収入がアップすることには変わりません。

ひとつは会社での仕事を家で持ち帰って仕上げることで
会社もうまくいって会社での地位も向上する。

もう一つは会社での仕事を持ち帰らずに家でリフレッシュして
精神衛生上良くなって会社での仕事がはかどって収入がアップする。

どちらを選んでも財産や収入を作るということは効果があるということになります。

2019年の理想的な家相や風水とは、災害に対してと経済的な変動に対して
耐えられる間取りを準備していきたいところです。

現代の家相についての考え方。玄関とトイレの方位、住宅の張り欠け

現代の家相についての考え方についてお話ししたいと思います。

鬼門という言葉を多く聞ききますが方位は北東の方位になります。

中国から伝わってきた良く無い方角という意味で
敵が北東側から攻めてくるということで嫌われる方位になりました。

その当時の家や都市というのは雨風だけではなく
敵や動物などから身を守るというのが大きな役割だったといえます。

高い塀で囲われた都市などを見ると敵に対する警戒がわかります。

日本に伝わるころにはよく無い方角ということだけが残っています。

北東の方角に玄関やトイレなどを配置しないということが今でも嫌われることですが、

玄関は北側の寒い風がドアの開け閉めと同時に中に入りこんで
室内の温度を一気に下げてしまうということで避けられるといったところです。

トイレについても寒気にさらされるとトイレの温度が下がり
トイレ使用時に暖かいリビングなどとの温度差で
心臓に負担がかかり良くないとされています。

室内温度等については暖房器具や断熱性能などでカバーできる部分もあるので
そこまで気にしなくてもよいと思われるのですが

温度差で心臓に急激に負担がかかるということを考えれば
高齢者の住宅では抑えたいポイントであるとも言えます。

また、トイレの方位で良くないとされる裏鬼門の方位がありますが、
これは夏場に南西の裏鬼門方位の温度が上昇してしまうためです。

ものが腐りやすいため、腐りやすいものや不浄なものを置くと
より早く腐敗するためです。

現代では水洗のトイレとなり換気扇や脱臭機能、
高級なバージョンになると除菌機能もあるので以前ほど気にしなくなりました。

玄関についてもアルミサッシになったため木製のように
西日で反ったりはしなくなっているので耐久性も問題ないです。

確かに以前は木製ドアが反って玄関が開かなくなったなどという事例は存在しました。

現代のサッシやドアでは問題のない方位とも言えます。

家相については鬼門以外に、間取りの張りと欠けというのがあります。

現代の家相ではこの張り欠けが最も抑えるポイントであると思います。

ゲリラ豪雨や記録的な風速や雨量をもたらす台風など、
現代の異常な気象状況を考えるとより安全性の高い家の形状が必要といったところです。

つまり雨に強く、風に強い形状が日本の風土では良いといいうことです。

長期間、雨に耐える屋根というのはできるだけシンプルな形状です。

シンプルな形状の屋根はシンプルな平面と間取りがもたらします。
つまり張りや欠けのない住宅が家の耐久性を高めます。

また、張り欠けのないシンプルな形状の家は
力が均一に分散するため耐震性能も優れます。

地震だけでなく雨風にも強い家にもなります。

敵が攻めてこない現代では気候変動に強い形状という意味で
家相をとらえていく考え方が大事になってきています。

災害に弱い土地、家相上悪い土地とは

大きな災害などがあると、あの地域の家は大丈夫だったろうか?

あそこは大丈夫だったろうかと気になるものです。

しかしながら、大きな災害があって時間が経過すると
意外にも忘れ去られて危機意識が薄まってしまうものです。

江戸時代に大きな災害があった地域で
ここには家を建ててはいけないと決められた場所だったところが、
時間の経過で住宅街になってしまい
東日本の震災で大きな被害を受けたのは最近の話です。

液状化する場所が分譲されて地震で被害が出ているのもニュースでありました。

狭い日本の国土のせいでしょうか?

要するに問題のある土地が販売されていることです。

買い手としてはわからないことも多いのです。

でも、気を付けていればわかることがあります。

海側の明らかに地盤が弱い地域は誰もが知ることができます。
(昔海だった地域や軟弱地盤はネットで知ることが可能です。)

水害が多発する地区も調べればわかることです。
過去に床上浸水のあったエリアは知ることができます。

他には騒がしいエリアや物騒なエリアも足を運んだり
購入前に他人に相談すればわかることでしょう。

過去に事故物件だったかどうかも不動産購入前に問い詰めればわかります。

斜面地など、土砂崩れなどがおきそうな場所は見ればわかりますし
眺望が良いとか高級住宅街で雰囲気が良いなど
どうしても購入したい場合は一級建築士に相談するのがベストです。

三角形など変形地についても建築士に購入前に間取りを書いてもらうのがベストです。

狭い分譲地というのも安く買いやすいのでメリットはありますが
周りの音が壁に反射して聞こえやすいのはあらかじめわかっておかなければいけません。

わかりそうでわからないのが周囲の人間関係です。

これは周囲に聞き込みするしか手はないのですが
聞いた本人がおかしな人であった場合手の打ちようがありません。

町内会の役員や会長さんなどしかるべき人にそれとなく聞く手もあります。

高圧電線やにおいを発する工場なども要チェックです。

子供の環境に悪い店舗などは購入前に周囲を散歩して把握しましょう。

T字路の突き当りも車のライトがあたったり
場合によっては車が衝突する危険性もあります。

土地を購入して家を建てた場合なかなか買い直しができないことですから、
事前確認を怠らないようにしましょう。

特に最近では記録的な台風やゲリラ豪雨など水害も多くなっています。

水害に対するチェックは怠らないようにしましょう。

地盤などについては役所にも資料がありますし
ホームページ上に災害のハザードマップを公開している自治体もあります。

地盤調査会社に聞くというのも一つの方法です。

家相の良い家はゲリラ豪雨に強い

家相と言うと、玄関の配置やトイレの位置だけでなく
張りや欠けという家の間取りの形状のことも含みます。

今回は張り欠けがいかに重要かということを体験談から解説します。

家の形で張り欠けのない家というのは正方形や長方形の四角い間取りのことを言います。

凸型の家は張りのある家になります。

凹型の家などは欠けのある家になります。

L字型の家は張りのある家か欠けのある家になります。

最近は台風の勢いもすごくて風の勢いも尋常じゃありません。

そしてゲリラ豪雨というのも1時間の雨量が尋常じゃないです。

20年に一度の災害30年に一度の災害

50年に一度の災害などニュースではよく聞く話です。

要するに観測史上最悪の状態になっているということです。

張りや欠けというのは風の影響をもろに受けます。
特に隅角の隅は吹き溜まりになり壁がもろに風を受けて劣化します。

それが続くと雨が壁から浸入するという事例も多く見られます。

そして屋根形状も谷になる部分が生じます。

谷というのは雨が集まってしまうので
通常よりも雨水の量を集めて多くなるために
雨漏りのリスクを増加させてしまうのです。

より雨や風に強い家を望むのであれば
張り欠けのできるだけない屋根形状のシンプルな家がベストです。

実際に私が見たことのある事例では、
壁の隅から雨水が内部に入りこんで床付近に水がたまって腐っていました。
屋根からの雨漏りならまだしも壁から水が入るなんて普通思いませんね。

張り欠けはそのリスクを軽減できるので
家相を重視することは現代の家では重要なのです。

実際に建築に携わるハウスメーカーや工務店は
台風が来るたびに待機しているはずです。

今までは考えられないなにかあるのではないかとスタンバイしているのです。

備えあれば患いなしです。

家相とは

家相がなぜ現代まで重視されるのか?

それは、リスクが少なくなるからです。

家を長持ちさせるためには、凸凹がないほうが良いです。

なぜならば構造的にシンプルなほうが耐久性が高く
シンプルな間取りのほうが屋根形状もシンプルで
雨漏りのリスクが軽減されます。

鬼門というのは北東の方位のことを指します。

中国の言い伝えで悪い方位の起源は
北東から敵が攻めてくるからというものです。

それが言い伝えになって今に残る理由は
なぜだと思いますか?

いまは敵は攻めてきません。
戦争状態ではないから。

それでも鬼門の北東は冷えやすく、
南西の裏鬼門は想像より室内の気温が上がります。

そこで家相と言うジャンルを使いながら
命の危険がある間取りやゲリラ豪雨で雨漏りするような家を
避けた方が良いですよ、と

説いているわけです。



最近の投稿

プロフィール

一級建築士、住宅設計を主に手掛けています。設計に携わって30年、家相とか風水はあてにすると根拠も薄く面倒ですが、邪魔にすると失敗することもあります。施主の要望で風水や家相はいやというほど学びました。調べた結果、バッサリ切り捨てるほどうそでもないです。現代の住宅でこのぐらいは押さえておきたいということを真剣に解説します。家相や風水のとらえ方の参考になれば幸いです。

ブログロール

PVアクセスランキング にほんブログ村