家の間取り集

家相 正中 線 

家相に正中線というのがあります。
家の中心から東西へ、南北にひかれた十字の線です。

家相盤などで家の中心と方位を見ることになるのですが、
ネットの情報では鬼門の北東や裏鬼門の南西のトイレはだめで
さらに正中線にも不浄なものはだめと書いてあるものもあります。

私はこれに関しては、ではどこにトイレを配置すればよいの?
と思ってしまうわけです。

過剰に家相を気にしすぎると間取りができなくなる。
これは、行き過ぎたチェックだと思います。

南東の日当たりのさわやかな位置にトイレを配置するなんて
とてもリアルな間取りとは思えないし

そうなってくると玄関とトイレを南東か北西に
配置するしかなくなってしまう。

とても間取りに制限ができてしまうわけです。

南東に近い東とか、東もありにすれば(正中線を気にしなければ)
だいぶ間取りもパターンが増えるのが現実です。

知れば知るほど間取りできなくなる家相。
鬼門と裏鬼門程度とトイレと玄関程度にしておくぐらいで
よほど商売上気になる人はさらに勉強する程度でよいでしょう。

正中線まで気にするか?
それは本人の判断次第といったところ。

家相的に悪いバスルームとは

戸建て住宅でバスルームを作るときに
明るく風通しを良く配置したいものです。

その理由としてはカビや暗くてじめじめしている
寒いなどのバスルームを避けたいためです。

とはいえ、明るく風通しの良い場所はメインの部屋に割り当てて
トイレやバスは暗い位置に配置しがちです。

マンションでは窓すらなく換気扇で対応することが普通で
窓のないユニットバスというのは当たりまえ

それを考えれば窓のあるユニットバスを作るだけでも
まずはカビ取り対策になっているというものです。

ところが、最近の戸建て事情は違います。
窓から外の景色を見たいなどのデザイン的なことだけでなく
ユニットバスに浴室暖房乾燥機をつけて
物干し室として利用することもあります。

明るく爽やかな位置に配置する場合も多いのです。
明るい二階に配置してテラス付きのお風呂にしたり
南に窓のあるバスルームの間取りもあるのです。

バスルームで避けるべきことというのは
寒くてカビの生える位置や構造を避けるということです。

裏鬼門が嫌われる理由

鬼門は北東、裏鬼門は南西の方位です。

裏鬼門が嫌われる理由はあながち迷信ではなく、
自然災害などの経験からくるものともいわれています。

例えば南西から北東に抜ける台風などは
甚大な被害を巻き起こしたりします。
その経験から裏鬼門の南西を嫌うともいわれます。

そして鬼門の北東は冷えやすく
冬などは北東のお風呂やトイレは寒すぎて
心臓に負担をかけたりすることもあるので
体に悪いという理由から嫌われます。

もともとは中国の北東から攻めてくる異民族のため
北東が不吉とか良くない方位と言われたものです。

それが日本に伝わることには玄関やトイレなど
あるとよくないなど違った意味が付け加えられました。

適当に付け加えられているということもなく
一理あると納得できる理由もあるのです。

二世帯住宅は家相的に良くない理由

二世帯住宅は家相的に良くないといわれます。

代表的な例としてはキッチンなどの火をおこす部分が2つに増えると
それだけ家事のリスクが増えるからというもの

そのほかには生活の時間帯の違う人が隣り合わせ
または上下階に間取りされて、一緒に住むからというもの

どちらも当たり前のことを言っているだけにすぎません。

二世帯住宅の場合もっと重要なのは
二世帯で住む必要が生じたからという場合や
それを押してでも親と住まなければならない理由があるからです。

一つは親が老いてきたので心配だからということ
経済的に一緒にしたほうが良いからとか
子供を育てるのにみんなで一緒に協力する体制にしたいなど
理由があってのことです。

家事のリスクや人が多いからいざこざがおこる確率が増える。
数字的なリスクを考慮してもメリットがなければ
二世帯住宅は成立しません。

介護だけを考えれば適切な施設があります。
経済的な理由だけで考えれば二軒別棟で建てればよいのです。
子育てを一緒にしたいとなれば近くに住むとよいことです。

それでも二世帯住宅に住みたいという場合は
それだけの理由と決意がないとできないことなのです。

幸せなイメージがあるというのであれば
二世帯住宅を考えるべきで、強い心と決断が必要。

家相のことを気にするレベルではないといえます。

二世帯で住みたいという強い気持ちが重要なので
家相のことを考えないくらいの強い気持ちをもつ、
メンタルが大事になってきます。

風水的に悪い土地

方位などで風水的に悪い土地を聞きますが
現代の土地選びではもっと気を付けないといけないことがあります。

当たり前のことですが住宅に向かない土地というのがあります。
騒がしい土地で静かではない場所

住宅が立ち並ぶような住宅専用地ではなく
繁華街などは実は住宅向きではないです。

マンションなどは便利な場所に立ちますが
1階は騒がしすぎて不向きです。

防犯的にも難がある土地と言えます。

道路の突き当りは車のライトに照らされて安眠できません。
場合によっては車が突っ込んでくる可能性も0ではありません。

工場のすぐそばや食品加工の店のそばも
体に害のある煙や害がなくても匂いに悩まされます。

強引に埋め立てた土地や、川や池を埋めたてた土地も住宅地に向きません。

地盤が弱くて不安定なのが不向きな原因として大きいですが、
近年の出来事では津波に合うようなエリアというのも
大きな震災の時は生死にかかわってきます。

西玄関 家相

西玄関が家相的に嫌われる理由は西日にあります。

西日が当たることで玄関の温度が上がってムッとするだけではなく、
昔の家の玄関は木製であったために、西日で反ってしまうということがおこります。
その結果たて付けが悪くなってあかなくなったりします。

場合によっては家から出れなくなるという事態も考えられます。

一番よくないのが南西の方位で非常に温度差の激しい場所です。
温度差が激しい場所は建材の劣化も激しくなります。

現在ではアルミサッシの普及であまり気にしなくてもよさそうですが、
西玄関の場合でも玄関の風通しを良くしてあげることが重要

北西の玄関は裏鬼門の南西や鬼門の北東を避けているので
方位的には問題ない方位になります。

西玄関は朝出かけるときに暗いというのも気になるところです。
明るく爽やかな方位の玄関から出入りしたいものです。

風水上よくない土地

昔の家相や風水と現代の家相や風水とでは
都市の条件や地形も変わってきているので違いがあります。

家相や風水のマニュアルを読みほどくと
現代の風水の共通点が見いだせます。

方位とかではなく現代の土地の問題点をピックアップします。

家相診断

周りに家がないエリア、不便なところ、電気ガスの来てないところ
家の正面にネオンがある。騒がしい店がある。
高圧線が上を通っている。
近所に工場があって空気が悪い。
高速道路のすぐそばで騒がしい。
道路の突き当りでライトが照らされる。
巨大な店舗の近くで渋滞する。
低所得層の物騒なアパートが近くにある。
南に背の高いマンションが建っていて日当たりが悪い。
あまり良くないエリアと言われている歴史がある

などなどよく考えれば当たり前のことだけど
安くて目がくらんでしまうということもあるのです。

あとは地名に気を付けること
池だったり沼だったり、川の氾濫があった土地は地名でわかります。

霊感が強い人であれば合戦のあった地域も避けるほうが無難です。

やってはいけない玄関のドアの位置

玄関ドアの位置は北東の鬼門、そして南西の裏鬼門をはずして
プランニングしていくとよいといわれます。

それ以上に問題なのが道路の真向いの家の玄関ドアと
真正面に位置する玄関ドアです。

朝ドアを開けた瞬間お互いに目が合って挨拶
コミュニケーションが取れてよい間取りと思いますか?

インテリア

大方の人は隣地や向かいとの視線は避けたいものです。
ですから向かいの玄関と向かい合う言うに同じ位置は避けたほうが良いです。

そして同じように気になるのが隣地に近い窓の位置
隣地の窓と正面にならないように位置を変えたり、
間取りができないようであれば隣地窓と窓の高さを変えます。

最近の投稿

プロフィール

一級建築士、住宅設計を主に手掛けています。設計に携わって30年、家相とか風水はあてにすると根拠も薄く面倒ですが、邪魔にすると失敗することもあります。施主の要望で風水や家相はいやというほど学びました。調べた結果、バッサリ切り捨てるほどうそでもないです。現代の住宅でこのぐらいは押さえておきたいということを真剣に解説します。家相や風水のとらえ方の参考になれば幸いです。
ブログランキング PVランキング
マイホーム(計画中) ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
  • SEOブログパーツ