現代の家相についての考え方。玄関とトイレの方位、住宅の張り欠け

現代の家相についての考え方についてお話ししたいと思います。

鬼門という言葉を多く聞ききますが方位は北東の方位になります。

中国から伝わってきた良く無い方角という意味で
敵が北東側から攻めてくるということで嫌われる方位になりました。

その当時の家や都市というのは雨風だけではなく
敵や動物などから身を守るというのが大きな役割だったといえます。

高い塀で囲われた都市などを見ると敵に対する警戒がわかります。

日本に伝わるころにはよく無い方角ということだけが残っています。

北東の方角に玄関やトイレなどを配置しないということが今でも嫌われることですが、

玄関は北側の寒い風がドアの開け閉めと同時に中に入りこんで
室内の温度を一気に下げてしまうということで避けられるといったところです。

トイレについても寒気にさらされるとトイレの温度が下がり
トイレ使用時に暖かいリビングなどとの温度差で
心臓に負担がかかり良くないとされています。

室内温度等については暖房器具や断熱性能などでカバーできる部分もあるので
そこまで気にしなくてもよいと思われるのですが

温度差で心臓に急激に負担がかかるということを考えれば
高齢者の住宅では抑えたいポイントであるとも言えます。

また、トイレの方位で良くないとされる裏鬼門の方位がありますが、
これは夏場に南西の裏鬼門方位の温度が上昇してしまうためです。

ものが腐りやすいため、腐りやすいものや不浄なものを置くと
より早く腐敗するためです。

現代では水洗のトイレとなり換気扇や脱臭機能、
高級なバージョンになると除菌機能もあるので以前ほど気にしなくなりました。

玄関についてもアルミサッシになったため木製のように
西日で反ったりはしなくなっているので耐久性も問題ないです。

確かに以前は木製ドアが反って玄関が開かなくなったなどという事例は存在しました。

現代のサッシやドアでは問題のない方位とも言えます。

家相については鬼門以外に、間取りの張りと欠けというのがあります。

現代の家相ではこの張り欠けが最も抑えるポイントであると思います。

ゲリラ豪雨や記録的な風速や雨量をもたらす台風など、
現代の異常な気象状況を考えるとより安全性の高い家の形状が必要といったところです。

つまり雨に強く、風に強い形状が日本の風土では良いといいうことです。

長期間、雨に耐える屋根というのはできるだけシンプルな形状です。

シンプルな形状の屋根はシンプルな平面と間取りがもたらします。
つまり張りや欠けのない住宅が家の耐久性を高めます。

また、張り欠けのないシンプルな形状の家は
力が均一に分散するため耐震性能も優れます。

地震だけでなく雨風にも強い家にもなります。

敵が攻めてこない現代では気候変動に強い形状という意味で
家相をとらえていく考え方が大事になってきています。

災害に弱い土地、家相上悪い土地とは

大きな災害などがあると、あの地域の家は大丈夫だったろうか?

あそこは大丈夫だったろうかと気になるものです。

しかしながら、大きな災害があって時間が経過すると
意外にも忘れ去られて危機意識が薄まってしまうものです。

江戸時代に大きな災害があった地域で
ここには家を建ててはいけないと決められた場所だったところが、
時間の経過で住宅街になってしまい
東日本の震災で大きな被害を受けたのは最近の話です。

液状化する場所が分譲されて地震で被害が出ているのもニュースでありました。

狭い日本の国土のせいでしょうか?

要するに問題のある土地が販売されていることです。

買い手としてはわからないことも多いのです。

でも、気を付けていればわかることがあります。

海側の明らかに地盤が弱い地域は誰もが知ることができます。
(昔海だった地域や軟弱地盤はネットで知ることが可能です。)

水害が多発する地区も調べればわかることです。
過去に床上浸水のあったエリアは知ることができます。

他には騒がしいエリアや物騒なエリアも足を運んだり
購入前に他人に相談すればわかることでしょう。

過去に事故物件だったかどうかも不動産購入前に問い詰めればわかります。

斜面地など、土砂崩れなどがおきそうな場所は見ればわかりますし
眺望が良いとか高級住宅街で雰囲気が良いなど
どうしても購入したい場合は一級建築士に相談するのがベストです。

三角形など変形地についても建築士に購入前に間取りを書いてもらうのがベストです。

狭い分譲地というのも安く買いやすいのでメリットはありますが
周りの音が壁に反射して聞こえやすいのはあらかじめわかっておかなければいけません。

わかりそうでわからないのが周囲の人間関係です。

これは周囲に聞き込みするしか手はないのですが
聞いた本人がおかしな人であった場合手の打ちようがありません。

町内会の役員や会長さんなどしかるべき人にそれとなく聞く手もあります。

高圧電線やにおいを発する工場なども要チェックです。

子供の環境に悪い店舗などは購入前に周囲を散歩して把握しましょう。

T字路の突き当りも車のライトがあたったり
場合によっては車が衝突する危険性もあります。

土地を購入して家を建てた場合なかなか買い直しができないことですから、
事前確認を怠らないようにしましょう。

特に最近では記録的な台風やゲリラ豪雨など水害も多くなっています。

水害に対するチェックは怠らないようにしましょう。

地盤などについては役所にも資料がありますし
ホームページ上に災害のハザードマップを公開している自治体もあります。

地盤調査会社に聞くというのも一つの方法です。

家相の良い家はゲリラ豪雨に強い

家相と言うと、玄関の配置やトイレの位置だけでなく
張りや欠けという家の間取りの形状のことも含みます。

今回は張り欠けがいかに重要かということを体験談から解説します。

家の形で張り欠けのない家というのは正方形や長方形の四角い間取りのことを言います。

凸型の家は張りのある家になります。

凹型の家などは欠けのある家になります。

L字型の家は張りのある家か欠けのある家になります。

最近は台風の勢いもすごくて風の勢いも尋常じゃありません。

そしてゲリラ豪雨というのも1時間の雨量が尋常じゃないです。

20年に一度の災害30年に一度の災害

50年に一度の災害などニュースではよく聞く話です。

要するに観測史上最悪の状態になっているということです。

張りや欠けというのは風の影響をもろに受けます。
特に隅角の隅は吹き溜まりになり壁がもろに風を受けて劣化します。

それが続くと雨が壁から浸入するという事例も多く見られます。

そして屋根形状も谷になる部分が生じます。

谷というのは雨が集まってしまうので
通常よりも雨水の量を集めて多くなるために
雨漏りのリスクを増加させてしまうのです。

より雨や風に強い家を望むのであれば
張り欠けのできるだけない屋根形状のシンプルな家がベストです。

実際に私が見たことのある事例では、
壁の隅から雨水が内部に入りこんで床付近に水がたまって腐っていました。
屋根からの雨漏りならまだしも壁から水が入るなんて普通思いませんね。

張り欠けはそのリスクを軽減できるので
家相を重視することは現代の家では重要なのです。

実際に建築に携わるハウスメーカーや工務店は
台風が来るたびに待機しているはずです。

今までは考えられないなにかあるのではないかとスタンバイしているのです。

備えあれば患いなしです。

避けた方が良い寝室の方位と場所

寝室の場所は南が良いか東が良いか
北か西側が良いのか?

間取りをする時に迷ってしまうことがあると思います。

基本的には光と風が取り入れられればどの方位でも良いですが
勉強部屋ともなると明るすぎる部屋よりは
夏に涼しい部屋のほうが良いでしょう。

近年のように猛暑が続くと西窓を大きく開けすぎると暑すぎるため
カーテンなどで対応しなければなりません。

東窓のほうがさわやかで子供部屋向きといえます。

間取り上、避けた方が良い寝室の位置があります。

①日光の入らない部屋
②風通しの悪い部屋

つまり窓のない部屋、納戸の様な部屋です。

もっと良くないのは地下の部屋です。

1つは風通しの面で問題がああるからです。

換気扇などで換気すればよいと思いがちですが、
実際に建築すると大量の湿気が家中から地下に流れ落ちてきます。

除湿用の専用の機械を入れて何とかしのげますが、
スイッチを切ったらすぐカビだらけの部屋になります。

それだけの湿度になります。

エアコンを入れるにしても、窓を開けての寒気は重要になります。

また、光がないと精神面での健康を害します。

光を浴びることでセロトニンを分泌し、精神を清浄に保つ効果があります。

夜の睡眠のためにも日光を感じることで体内時計を正常に働かせて、
肉体的なことだけでなくメンタルな意味でも健康になります。

逆に地下室の向いて居る部屋はオーディオルームや
シアタールームやダンスの部屋など趣味の部屋です。

外部に音や光を漏らさないので地下が適しています。

外気を入れたくない真夏や冬以外はエアコンに頼らず
窓を開けて換気したいのが日本の気候です。

日当たりだけでなく通風も考慮した間取りの部屋に住むのが
精神面でも肉体的にも健康を保つ良い家相と言えます。

窓のない部屋を作るよりはどの方位でも窓のある部屋で
遮光カーテンやエアコンでで調整した方が良いでしょう。

西側であれば小さめの窓にするなど
通風だけ確保する方法もあります。

住宅の家相を見る時2階の張り欠けは重要か?

住宅の家相を見る時に1階の間取り図と
2階の間取り図があるので両方の張り欠けが必要か?

疑問に思って質問する方もいらっしゃいます。

答えは二階のの張り欠けも気にしたほうがベストです。

1つには屋根形状に大きくかかわるために
形状によっては雨漏りに対しての大きなリスクを伴うからです。

より屋根がシンプルになる間取りで張り欠けがない長方形や
正方形の二階の間取りがベストであるといえます。

2つ目は構造的に安定した形状のほうが良いことです。
張り欠けが多く存在することで1階にかかる重量はばらばらになります。

均等に力が加わらないと地震や風で揺れたときには
力が均等に加わりにくくなるので
より均等に分散したほうがベターといえます。

3つ目は入り隅がないほうが壁が傷みにくいことです。

1階と同様入り済みは雨や風がたまり
より壁材が腐食したり劣化しやすい状態になります。

また、張り欠けが多いことでお揚げを作る時間帯が出るので
壁にカビや藻のようなものが出やすくなります。

以上三つのことからも2階の間取りも張り欠けを気にしたほうが良いといえます。

張り欠けというと家相風水では根拠がわかりにくいですが
こうして、雨漏りや構造の強度やメンテナンス性向上のためと思えば、
少しは気にしたほうが良いといえる事項ではあります。

建築物に張り欠けのある場合はメンテナンス性の高い外壁を使い
防水性の高い屋根材を使って、雨漏りのリスクを防ぎます。

また、耐震性によりゆとりを持たせることが必要になるといえます。

家相や風水に使う方位は地図の方位と違うのか?

家相や風水、玄関の位置のよしあしを調べる前に、
家相や風水で診断する方位と方位磁石の指す方位との違いを知っておく必要があります。

真北と磁北の違いがあり角度にずれがあるからです。

家相や風水に使う方位は真北(しんぼく)です。
北極点から南極点を結んだ子午線を結んだ地図といっしょの北です。

建築確認申請などの書類や図面も真北を採用していますから
住宅の間取りの図面に記されている北といっしょの方位です。

地図での北の位置は北極点を北にした北です。
北極星が真上にあるのが北極です。

それに対して磁北は磁石が指す北で、
東京の場合真北から7度のずれがあります。

家相で使うのは真北で北極星を北とする地図といっしょの北です。

磁北はカナダの北の北緯78度、西経98度付近にあり、
日本では西側に偏よって補正されます。

磁北は磁石が指す北です。

札幌で9.2°、東北地方で8度 東京・名古屋・大阪で7度、
九州南端で6度、那覇で4.1度 西にずれます。

家相や風水は、地軸や磁場の影響を受けるため
磁北を採用される方もいらっしゃるようです。

人間の体や生活や気象などは磁場の影響を受けると言う考えです。

一般的には真北を採用する方が多数で、
住宅の設計図などに記載されたり申請に使うのも真北でいっしょです。

現地で方位磁石で北を測定してしまうと
7度ずれてしまうので注意が必要です。

家相とは

家相がなぜ現代まで重視されるのか?

それは、リスクが少なくなるからです。

家を長持ちさせるためには、凸凹がないほうが良いです。

なぜならば構造的にシンプルなほうが耐久性が高く
シンプルな間取りのほうが屋根形状もシンプルで
雨漏りのリスクが軽減されます。

鬼門というのは北東の方位のことを指します。

中国の言い伝えで悪い方位の起源は
北東から敵が攻めてくるからというものです。

それが言い伝えになって今に残る理由は
なぜだと思いますか?

いまは敵は攻めてきません。
戦争状態ではないから。

それでも鬼門の北東は冷えやすく、
南西の裏鬼門は想像より室内の気温が上がります。

そこで家相と言うジャンルを使いながら
命の危険がある間取りやゲリラ豪雨で雨漏りするような家を
避けた方が良いですよ、と

説いているわけです。



最近の投稿

プロフィール

一級建築士、住宅設計を主に手掛けています。設計に携わって30年、家相とか風水はあてにすると根拠も薄く面倒ですが、邪魔にすると失敗することもあります。施主の要望で風水や家相はいやというほど学びました。調べた結果、バッサリ切り捨てるほどうそでもないです。現代の住宅でこのぐらいは押さえておきたいということを真剣に解説します。家相や風水のとらえ方の参考になれば幸いです。

ブログロール

PVアクセスランキング にほんブログ村