リビングがあるとよい方位 カビをはえさせない

家相チェックするのうえでリビングやダイニングの配置すると良い位置というのがあります。

日本の住宅の多くはリビングダイニングキッチンが南の窓のある位置に配置されています。

東側に配置したり西側に配置したり敷地の形状によって色々ありますが
概ね南に窓を設けているということになります。

ですので日本の住宅においてリビングの配置される位置というのは
南が理想的という形になります。

また東の方にキッチンがあるというのも良いとされています。
ものが腐りにくいというのと朝日が入る爽やかな位置にあるというのが条件、
心健やかに保っていく場所になります。

北側に配置されていても南の窓や上部に窓を設けることで
光を取り入れることは可能になってきます。

日本の住宅で重要なのは湿気をこもらせないように
換気できる窓の配置ということもあります。

雨の多い梅雨の時期を始め湿度が非常に高まって
カビ臭くなるというようなことが起きるためです。

部屋の中にカビができてしまうような状態まで
部屋の湿度が上がったりするのを避けるために
南の窓がその他東西の窓を設けて都度、空気を乾燥させていきます。

そして部屋の内部をじめじめさせないというのが大事になってくるのです。

部屋の中がジメジメしてしまうということは
カビの発生を促進させるということになりますから
内装、インテリアが痛むよとともに
健康を害してしまうという大きなデメリットになってしまいます。

ですから日本の住宅では南側に居間を配置することが多くなっています。

ビルトインガレージやピロティが家相で良くないといわれる理由

家相風水において立体的な間取りでよくないことをというのがあります。

ビルトインの駐車場はよくないとされていますが
理由としては耐震的に弱くなるということが言われています。

コンクリートや鉄骨造などで作るとそんなこともないのですが
木造だと耐震の壁が必要になるので、
必要な計算を行えばビルトインガレージを作っても
耐震性能を確保できるということになります。

ビルトインガレージのない建物と比較すると
壁が少ないので弱くなる可能性があると言ったのが正しいところです。

また耐震性能だけでなくピロティなどを作った場合には
断熱性能に問題を生じる場合があるので注意が必要です。

ピロティというのは2階の部分に住宅部分を設けて
1階に駐車場や空き地を作り開放的にする間取りのことです。

一階部分は足が立っていてちょうど建物が宙に浮いたような形になります。

ですので2階の床の部分が非常に冷えやすくなって
冬に寒くなる可能性があるので断熱性能を上げておく必要があります。

近代建築においてピロティの間取りというのは流行った時期もありました。
ビルトインガレージと共にピロティの間取りも
断熱性能そして耐震性能のチェックが人になるので
注意して設計施工を行わなければいけません。

家相 間取り 理想

住宅の新築の時に家相を気にされる方が多くいらっしゃいます。
家相を踏まえて建築する場合には大事なことがあります。

間取りをでこぼこがない状態つまり張りや欠けがない状態にするということです。

これは屋根の形状をシンプルにして台風やゲリラ豪雨などの災害から
建物を守る、危険を減らすということになります。

特に最近では記録的な集中豪雨などが見られるので
屋根の形状を雨漏りのしないような形状にすることが重要になってきます。

また玄関の方位を鬼門の北東方位に配置しないとか
南西の裏鬼門の方位にしないとか、方位に対しての配慮があります。

トイレの方位についても北東の鬼門には配置しないとか
南西の裏鬼門の方に配置しないなどが間取りへの配慮があります。

キッチンなどについては昔は鬼門や裏鬼門を外したのですけれども
物が腐ったり著しく冷え込んでしまうなどは
家の断熱性能が良くなったのでそこまで気にしなくて良くなってはいます。

お風呂についても同様に断熱性能が向上したために鬼門に配置した場合でも
清潔でまた冷え込んだりしなくて体に悪くはない
お風呂をつくることができるようになっています。

つまり玄関とトイレを鬼門と裏鬼門から外して
家の形状を凸凹にしないシンプルな形状にして
災害へのリスクから守られた住宅を作ると良いということになります。

また地震などのことを考えた場合、
平屋の方が上に乗る重量が少なくなってくるので
地震には強い形状になるのではないかということが言えます。

シンプルな平屋の方が耐震性に有利で災害に強い住宅になっています。

家相を踏まえて間取りを作るということは
災害に強い間取りを作る、体によい間取りをつくるということになってきます。

あまり気にしてもいけないのですが、
あまり邪険にしてもいけないというものになります。

玄関があると良い方位と悪い方位

玄関があると良い方が良いというのは南側と東側になります。

南側は明るく出勤出社の時に南側ドアを開けると日を浴びるために
明るく気分が良い方向になります。

東側も同様でドアを開けた時の明るさで気分も良くなる効果を得られます。

西側の玄関はドアが痛んでしまうため避けられてきた方位になりますが、
現在ではアルミのドアになっているためそんなに傷まないということがあります。


(アルミ玄関ドアは耐久性も抜群に良い)

木製のドアになりますと北風にさらされたり、
西日にさらされることで風化が進み木材が劣化してしまうという恐れがあるため
反ってしまい玄関から外に出られなくなるなどの現象が起きてしまいます。

そのため西側の玄関や北側の玄関など気候の厳しい場所では
資材が劣化するために避けられてきました。

風水的には鬼門の北東の方向や南西の裏鬼門の方向は
玄関を避けるというのが一般的になっております。

北風が吹き付けてドアを開けた時に一気に中の温度が下がるということや、
裏鬼門の南西においては温度が上昇しているため不快であることが原因になります。

また、先ほどお伝えした動画劣化しやすいなどの
気候の厳しい条件であるために避けられてきました。

そのため南や東などの快適な方向に玄関があるのがよいとされています。

ビルトインガレージと家相

ビルトインガレージのある間取りと家相の関係についてお話ししていきたいと思います。

家の家相を考えるときにビルトインガレージがあるというのはあまり多くありませんが、
ビルトインガレージから濡れずに家に入るという間取りに憧れを持たれる方や、
リビングや書斎などからガレージを眺めながら暮らすという
車好きの方もういらっしゃいます。

ビルトインガレージが家の画像を考えるときに
よくないと言われているのは二つの理由があります。

一つ目は耐震性の問題です。

この問題は住宅部分に比べて壁の量が少なくなるということや
スパンは非常に長くなるということが原因になっています。

1台ごとに柱を設けるなどの対応や梁のせいをサイズアップする方法や
ガレージ部分を鉄骨で作るもしくは鉄筋コンクリートで作るなど
工夫をして強くすることでも問題は解消できます。

二つ目は断熱性の問題があります。

ガレージ部分がある場所の上の階は冷えやすくなってしまうということが起きやすいためです。

対応策としてはガレージの天井部分に断熱を厚く入れておくということです。
2階の床が冷えないように対処していけばこの問題は解決できます。

ですが、基本的には別棟でガレージを作るというほうが合理的で
住宅への構造的な負担もなくなります。

そのため、ガレージは別棟というのが一般的になっています。

ビルトインガレージの問題は風水の問題とは
また違った技術の問題で解消できることですので
家相上良くないということで諦めなければいけない間取りではありません。

駐車場の空気が室内へ入ることも
体調管理の上でよくないので換気窓を設けるなど
間取りには気を付けましょう。

窓の配置と家相風水

住宅を作る時に窓の配置に気を付けなければいけません。

例えば一つの部屋に対して二つの窓を設けるということが
風通しの上で重要なことになってきます。

一つの窓だと風が通らないのですが
もう一つの窓を開けることによって風が通り抜けるということになります。

そのことによって暑すぎる季節や寒すぎる季節以外は
窓を開けることで快適な部屋にすることができます。

ドアと窓を開けることで換気ができる様な部屋にしましょう。

逆に窓のない部屋や風通しの悪い部屋は
悪い空気がこもって湿気や空気がよどみ
菌が繁殖したり、健康を害する可能性もあるます。

また東の窓や南の窓光を取れる部屋にすることによって
精神的に安定するような間取りを作ることができます。

子供部屋のような部屋については日光を取り入れることによって
セロトニンなどの体内の物質を分泌させることによって、
精神的に安定した状態を作り出すというのが重要になってきます。

学習するためには日当たりというもの特に必要とはしていません。
むしろ暑くない方が快適です。

西側の窓についてはあまり大きく開いてしまうと
暑くていられないとか日当たりが良すぎて勉強できないことになります。

寝室やリビングなどのことについても西側の窓については
その大きさは調整が必要なってきます。

周囲との関係でまた光が当たらない時に
天窓などを設ける場合がありますが、

あまりにも日当たりの良い所につけすぎると
太陽からの直射日光が部屋に入ってしまうため暑すぎると言ったことがきます。

ですから北側や東側に配置するなど工夫が必要になってきます。

天窓に関しては雨漏りのリスクというのがゼロではありません。
施工する場合には場所と屋根の形状に気を配って配置するようにしましょう。

家相とは

家相がなぜ現代まで重視されるのか?

それは、リスクが少なくなるからです。

家を長持ちさせるためには、凸凹がないほうが良いです。

なぜならば構造的にシンプルなほうが耐久性が高く
シンプルな間取りのほうが屋根形状もシンプルで
雨漏りのリスクが軽減されます。

鬼門というのは北東の方位のことを指します。

中国の言い伝えで悪い方位の起源は
北東から敵が攻めてくるからというものです。

それが言い伝えになって今に残る理由は
なぜだと思いますか?

いまは敵は攻めてきません。
戦争状態ではないから。

それでも鬼門の北東は冷えやすく、
南西の裏鬼門は想像より室内の気温が上がります。

そこで家相と言うジャンルを使いながら
命の危険がある間取りやゲリラ豪雨で雨漏りするような家を
避けた方が良いですよ、と

説いているわけです。



最近の投稿

プロフィール

一級建築士、住宅設計を主に手掛けています。設計に携わって30年、家相とか風水はあてにすると根拠も薄く面倒ですが、邪魔にすると失敗することもあります。施主の要望で風水や家相はいやというほど学びました。調べた結果、バッサリ切り捨てるほどうそでもないです。現代の住宅でこのぐらいは押さえておきたいということを真剣に解説します。家相や風水のとらえ方の参考になれば幸いです。

ブログロール

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村