吹き抜けが家相的に悪いって本当?

家を建てるときに鬼門や裏鬼門などの方位を気にする方がいます。

一般的には家相の良い家に住みたいと思うのは
新築の時には脳裏によぎるものです。

鬼門というのは北東の方向になります。

一般的にはトイレや玄関などを配置しないようにしましょうというのが言われます。

これは中国から伝わった言い伝えで北東の方向から敵が攻めてきたことによって
いみ嫌われる方向になったものです。

それが現在の住宅づくりでは北風が吹き込んだりとか
そういった家が傷みやすいことと関連しています。

冬場によく冷えてしまうことで、その付近で心臓に負担がかかってしまうということから
トイレで衣服を脱ぐときにヒートショックで体調崩すということを恐れて
それで言われるようになっています。

南西の方向に関しても夏場に異常に温度が上がってしまうことから裏鬼門と言われ
中国から伝わった鬼門と共に玄関やトイレを置くのに
ふさわしくない方向として言われるようになりました。

物が腐りやすいということや水洗のトイレのない時代では、
匂いなどの問題もあり、裏鬼門の方角にトイレなどを配置するのを避けるようになりました。

吹き抜けのある家の家相が良くないと言われます。

ある意味その考え方は木造の住宅では蟻のように思います。

通常で考えれば床があるべきところに床がないのですから
水平の力を伝えるところがなくなり地震に弱くなるという考え方は出来ます。

ですが現代の住宅づくりでは構造計算をすることによって
弱い部分に力が加わった時にそのぶん
他のところで支えるような計算を行うことができます。

昔の計算に比べてパソコンなどの機械が進歩して立体的な計算も行えるようになっています。

2階建ての住宅になると家の面積に対する壁の量なども
計算で構造的な強さを調べることができるのですが
吹き抜けのある住宅に対しては構造計算をしっかり行いたいところです。

構造計算では力の伝わり方を計算できるので
そのことで安全を確保することができると考えられます。

ですので家の家相を考えた時に吹き抜けがあると良くない
と決めつけるのも現在の構造計算は信用しないことになってしまいます。

構造計算をした住宅に限っては吹き抜けがあっても安全である
という保証をつけられると言えます。

例えばビルなどや公共物件の施設を考えた時に
巨大な空間を鉄骨の構造やコンクリートの構造で抑える事が可能になっているのは
だれもが見たことがあると思います。

住宅においても木造住宅や鉄筋コンクリート鉄骨造など
大空間を作ることが可能になってきています。

ただし誰もができることではないので
専門的な知識を持った一級建築士などに依頼することで可能になってきます。

吹き抜けを得意にしている会社であることも
重要なチェックポイントになってきます。

金運アップのインテリア

インテリアは季節によって左右されます。

例えば夏は気温が暑いのでカーテンなどの寒色系の青とか
爽やかな色合い白などの色が快適に思える季節です。

逆に冬の季節になると暖色系の茶色や暖かい赤の色が入った
暖かい色合いが快適に思える季節になります。

夏の季節に暑苦しい模様のカーテンや壁の色合いで
インテリアでコーディネートしていくと不快に思えたりします。

冬に寒々しいブルーなどのコーディネートしても
冷たく感じてしまって快適に思えないということもあります。

とはいえ夏と冬でインテリアを変えるというのもなかなかしにくいこと
ですのであまり色入れないと言ったことや
木材などの質感だけでインテリアを作るということが無難なため
色の少ないインテリアが日本では主流になっています。

海外の住宅などでは思い切って色や強い色などのクロスを使って
個性的にインテリアコーディネートをするということをしています。

日本の住宅展示場などは海外の方からするとどれも同じに見えてしまうような
あっさり系のインテリアが多いと言われています。

クセのないデザインとは言いますが、
ある意味ナチュラルとかモダンとかシンプルというような
インテリアが主流になっていると言えます。

癖のないインテリアの良いところというのは
夏と冬などの季節に左右されないということがあります。

冬にとても快適とか夏にとても快適なインテリアというような
振り幅はないように思います。

部屋のインテリアを強く個性を出していくということはしにくい場合は
トイレインテリアを少し工夫していくのも良いでしょう。

例えば落ち着くために緑の色を入れていくとか
温かい色合いの茶系統の色差し色として壁の一面だけに使っていく
というのも良いと思います。

黒などの濃色を使っていくと怖いイメージになってしまう場合もあり
子供のいる家庭では少し癖が強すぎます。

壁の一面だけを色を入れていくということは
白を基調にしてモダンに入れるをつけることができるます。

例えば壁の一面がブルー系とか暖色系の色などを入れても
冬や夏などの季節で邪魔にならないインテリアを作ることができます。

部屋全体に色を入れてしまうと季節で不都合がありますが
壁の一面だけであれば周りのベースの白の方が勝ってしまいますので
それほど影響を受けないということです。

風水で金運に良いとされる黄色を西に使うなどのインテリアも
壁の一面だけ黄色などを使って行くことによって実現していけると思います。

また個人によってはラッキーカラーもあるので
ラッキーカラーを壁の一面に入れていくことでも
下品なインテリアならずに実現することが可能です。

張りや欠けのある家相の間取りは地震や台風に弱い。

住宅を新築する時に気になる家相の中で
玄関やトイレの方位の他に建物の張りや欠けが非常に重要になってきます。

張りいうのは建物に対して出っ張りがあることで
欠けというのは建物に欠けた部分があることになります。

正方形や長方形の建物ではなく欠けがあることで
日陰やくぼみができてしまうので風圧を受けてしまった
り雨風が溜まってしまったりすることが起きて行きます。

また張りや欠けのあることで屋根形状が複雑になってしまいます。

特に屋根の谷のある部分では長期的に見て雨漏りなどの
住宅の弱い部分ができてしまいます。

台風やゲリラ豪雨などに対して正方形や長方形の住宅と比較すると
弱い住宅になってしまうことになります。

ですので住宅の間取りは梁や欠けのない
シンプルな形状にしておいた方が良いといえます。

屋根だけではなく壁のくぼみや入隅の部分には
長期的に見て影になったり湿気が溜まったり
強い雨を受けた時に雨風を受けやすくなってしまいます。

特に壁から雨が侵入することの原因にもなりかねません。

ですのでできるだけ凹凸のない蟻掛けのないプランにするというのが
家相をチェックする上で重要になってきます。

住宅の家相を気にする時に玄関やトイレなどの方位ばかり気になってしまいますが
本当に一番重要なものは建物の形状に張りや欠けがないということになります。

特に現代においては台風やゲリラ豪雨などで
記録的な雨量を観測することが多くなっています。

前の時代よりも住宅の形状をシンプルにするというのが大事になっています。

また日本においては地震に対しての強さも
間取りがシンプルで張りや欠けがない方がよく
地震力がバランスよく伝わりやすくなるために
耐震的にも強い住宅を作っていくことができます 。

リビングを配置しない方が良い方位とは

リビングを配置するのに良い方位というのは南の方位になります。
逆にリビングを配置して良くない方が良いというのは北方向になります。

北の方向は寒いために避けられがちと言われますが、
北リビングが悪いと言われる理由は日当たりの問題にあります。

日光に当たる時間が少ないと家族のメンタルの部分を健やかに保つという意味で
南と比較するとよくないということがあります。

日光に当たる時間が多いとそれだけ体内にセロトニンなどの物質が分泌され
精神的に安定した状態を作ることができます。

家族の大半がいる場所をリビングが暗くなるということは
家族の多くがメンタル的に健やかな場所にいないということになってしまいます。

ですから南の日当たりの良い場所にリビングを配置するというのが良いとされています。

また現代の住宅ではリビングとダイニングが一体化して
リビングダイニングを作ることが多くなっています。

この場合の注意点としてはリビングとダイニングが近すぎないということがあります。

キッチンで物を洗う音がリビングでくつろいでる人の妨げになったり、
逆にリビングでテレビを見ている音がダイニングで食事をしている人の
邪魔になったりということで家族間の関係を悪化させてしまうことになりかねません。

小さなこととはいえストレスやトラブルを避けるために
リビングとダイニングが近すぎないということも間取りの上でお大事になってきます。

とはいえリビングダイニングキッチンを広く作るのが主流になっていますから
リビングとダイニングをゆるやかに分けながら一緒にする
リビングというのはなかなか作るのは難しい問題です。

広ければある程度距離があって良いのですが
建物全体の面積にも関わってくるので
キッチンとリビングの距離を離すということはしにくいかもしれません 。

リビングとダイニングが別の部屋というのも
家相を考える間取りの一つの方法かもしれません。

玄関の方位と家相について

家相をチェックする時に一番わかりやすいのが玄関の方位になります。

一般的に玄関の方位で良くないとされるのは
鬼門の北東の方位と裏鬼門の南西の方位になります。

玄関は外部から良い気が入ってくる場所とも言われているので
鬼門方向を外した方位に玄関を入ってするのが良いとされているのです。

鬼門は古く中国で敵が攻めてきた方向ということで
嫌われる方位になっていましたが
日本に入ってきた時には違った意味合いが含まれています。

鬼門の玄関は冬に一気に仲間で冷たい風が入り込んでしまうことから
内部の空気が冷やされてしまうという場所になります。

また裏鬼門の南西方向に玄関がある場合には
夏場に異常に温度が上がって不快であるということから
毎日出入りするのが不快で気分も違ってしまうということが起こってしまいます。

霊的な問題よりも気分の問題や温度の問題というのがあり
快適な住宅に過ごすという観点から不快な場所に
玄関を配置しないようにしましょうということになっているのです。

住宅新築に関する不安というのは四つあります

住宅をつくる上で気になってくるのが家相の問題があります。

家相を気にする原因になっているのは何か悪いことが起こるのではないか?
という不安からです。

住宅新築に関する不安というのは四つあります。

一つは火災が起こるのではないかという不安です。
もう一つは台風や地震などの災害にあうのではないかという不安です。
もう一つは病気になるのではないかという不安になります。
さらにもう一つは盗難にあうのではないかという不安になります。

火災が起こるのではないかという災難対しては火を使う場所、
キッチンの側に燃えやすい材料を使わない、
燃えやすいものを置かないということが効果的です。

台風や地震などの災害に対しては屋根形状をシンプルにするとか
建物の形状をシンプルにするなど家相で言う張りや欠けなどのない
住宅にするというのが重要なことになってきます。

台風や地震などの災害に対しては家相をないがしろにすることによって
起こる被害というのもあると言えます。

病気に対しては湿気がこもるような風通しの悪い家にしないということと
内装に関してシックハウスなど化学物質など、
体に有害なものを使わないということが大事になってきます。

現在の日本の法律では有害な物質を使ったものを
建物に使用することはできなくなっているので
基準としては安全な値になっております。

盗難盗難に関しての不安に対して家でできることというのは
玄関や窓ガラスなどの防犯対策、鍵などの防犯対策
防犯カメラ屋センサーなどでの防犯対策などがあります。

SNS などで外出を自慢したばっかりに空き巣に入られる
などの被害もあるので、不用意に不在を公開する
というのも現代ではタブーとなっています。

家相とは

家相がなぜ現代まで重視されるのか?

それは、リスクが少なくなるからです。

家を長持ちさせるためには、凸凹がないほうが良いです。

なぜならば構造的にシンプルなほうが耐久性が高く
シンプルな間取りのほうが屋根形状もシンプルで
雨漏りのリスクが軽減されます。

鬼門というのは北東の方位のことを指します。

中国の言い伝えで悪い方位の起源は
北東から敵が攻めてくるからというものです。

それが言い伝えになって今に残る理由は
なぜだと思いますか?

いまは敵は攻めてきません。
戦争状態ではないから。

それでも鬼門の北東は冷えやすく、
南西の裏鬼門は想像より室内の気温が上がります。

そこで家相と言うジャンルを使いながら
命の危険がある間取りやゲリラ豪雨で雨漏りするような家を
避けた方が良いですよ、と

説いているわけです。



最近の投稿

プロフィール

一級建築士、住宅設計を主に手掛けています。設計に携わって30年、家相とか風水はあてにすると根拠も薄く面倒ですが、邪魔にすると失敗することもあります。施主の要望で風水や家相はいやというほど学びました。調べた結果、バッサリ切り捨てるほどうそでもないです。現代の住宅でこのぐらいは押さえておきたいということを真剣に解説します。家相や風水のとらえ方の参考になれば幸いです。

ブログロール

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村