広い家は家相的に良くない

家相においては広い家に家族の人数が少ない状態で住むのは
あまり良くないと言われています。

というのは活気がなくて次第に貧乏になっていくという考え方です。
広すぎる家というのは他にも問題点があります。
掃除をする人の労働力、特に主婦の労働が増えることです。

そしてもう一つは使わない部屋ができて無駄が多くなってしまうということ。
使わない部屋は痛みが激しくなって湿気がこもってしまったり、
家の劣化も早くなってしまいます。

そして広すぎるというのは人間の心理的には安定感がなくなっていく。
広すぎることで人間に不安感が増えるというのがあります。
落ち着けない空間になってしまうというのもあります。

逆に狭いというのは悪い家のように感じますけれども
狭い家に住むというのは家相的には良いとされています。

スペースに対して人が多い、狭い状態になると活気があるように感じます。
家族のコミュニケーションも増えます。

活気があるようになる明るい雰囲気になってきます。

明るい活気がある家はお金持ちになる家相になります。

先ほどの広い家と逆に掃除をするのにも手入れをするのにも
コンパクトで行き届いていくというメリットがあります。

建築するコストも広い家に比べて少なく済むので
資産をそんなに損失せずに上手に使うということにもなります。

一見大きな家広い家が良いように感じますけれども
狭い家の方がメリットがあって火葬上良いとされているのです。

住宅の家相で欠けをつくってはいけない理由

日本人が住宅を建てるときに家相を気にするという場合があります。

例えば玄関の方位であったり、トイレの方位だったりすることがあります。
玄関やトイレが鬼門の北東方向にないようにするなどのものです。

そして家相の中に張りや欠けなどについても気にしていくということがあります。

特に欠けについてですが正方形の家の間取りに対して
鬼門の北東の方向の間取りが少し欠けているといった場合に
あまり良くないと言われることがあります。

実際に吹き溜まりになるという意味で壁の劣化や雨が吹きつけて
通常の正方形よりは痛みやすいといったようなことがあると思います。

家相とか風水などと言うと根拠が薄いような感じもしないわけではないですが
欠けている所が他よりも弱くならないかといったらそうではありません。

実際のところ強い風が北東から吹きつけた場合に
窪んだ所に風が入った場合そこで吹き溜まりになってしまいます。

例えば家のコーナーなどもゴミがたまりやすくなったり
汚れやすくなるというのは見たことがあると思います。

入り済みは汚れやすいというのが事実です。

耐震的には少し欠けているというところで地震力の伝わり方
バランスが悪くなると言ったことはあります。
正方形と比較してという話になります。

その場合構造計算してあれば安心度は高まると思います。

最も欠けで一番気にしなければいけないのは屋根の形状になります。

欠けを作った時に屋根に谷ができます。
正方形の屋根と比較すると谷の部分ができてしまうので
あまり谷が多い屋根の形状や複雑なお家を作ると
雨漏りの原因になることがあります。

特に最近ではゲリラ豪雨とか記録的な風雨を伴う
台風などがありますので複雑な屋根形状になるような
間取りプランは避けたいところです。

ですからかけのある住宅をつくる時は
屋根形状を心配して雨漏りのしないような形状にする
というのが大事になってきます。

避けた方が良い玄関の方位とは

玄関の方位を気にする方がいらっしゃいます。

玄関を配置するのに良い方向というのは主に南と東と言われています。

日当たりの良い方角に喧嘩を配置するということで
南の玄関は良く見られる位置になります。

さわやかな光を感じられるということもあるでしょう。

玄関の方へとして避けたい方位というのは北東と南西の
鬼門や裏鬼門の方角になります。

北玄関が好まれないのは北風で玄関のドア開けた時に
風ではあおられて壊れてしまうなどの被害が出たりドアを開けた時に
冷たい空気が中に入ってしまい
室内の温度が一気に下がってしまうなどのことがあるからです。

北道路という敷地は一般的にあるので東の方から入るとか
西側から入るなどの対策も取ることができます。

また北西の方角に配置して鬼門の方角を避けるという方法もあります。
目隠し壁など風が直撃しない工夫をすることで
玄関のドアに風が当たらなくするという方法もあります。

南に比べて風を受けたりすると外壁の劣化が早くなってしまう
というデメリットもあります。

一方西側の外壁も日当たりが良いために日に焼けてしまう、
玄関ドアも日に焼けてしまうということがあります。

アルミのドアになった現代ではそんなに劣化しないので
あまり気にしなくても良いかもしれませんが
外壁についてはまだ劣化する可能性があるので気をつけた方が良いでしょう。

もう一つ玄関の位置で避けたほうが良いとされていた南西の裏鬼門の方角ですが
こちらの方は夏場に温度が異常に上がってしまうということで
玄関にはいった時に不快な温度になってしまうということがあります。

南東や他の方角と比較してという話で、
気にすると間取りができなくなってしまうという難点もあります。

南西の裏鬼門が嫌われた理由としては物が腐りやすいなとのことがあって
キッチンやトイレなどを配置するを避けたためです。

鬼門や裏鬼門を避けるという意味では鬼門の北東や南西を避けて
玄関の位置は東や南東の方角、北道路ではは鬼門を避けた北西側の方角になります。

吹き抜けが家相的に悪いって本当?

家を建てるときに鬼門や裏鬼門などの方位を気にする方がいます。

一般的には家相の良い家に住みたいと思うのは
新築の時には脳裏によぎるものです。

鬼門というのは北東の方向になります。

一般的にはトイレや玄関などを配置しないようにしましょうというのが言われます。

これは中国から伝わった言い伝えで北東の方向から敵が攻めてきたことによって
いみ嫌われる方向になったものです。

それが現在の住宅づくりでは北風が吹き込んだりとか
そういった家が傷みやすいことと関連しています。

冬場によく冷えてしまうことで、その付近で心臓に負担がかかってしまうということから
トイレで衣服を脱ぐときにヒートショックで体調崩すということを恐れて
それで言われるようになっています。

南西の方向に関しても夏場に異常に温度が上がってしまうことから裏鬼門と言われ
中国から伝わった鬼門と共に玄関やトイレを置くのに
ふさわしくない方向として言われるようになりました。

物が腐りやすいということや水洗のトイレのない時代では、
匂いなどの問題もあり、裏鬼門の方角にトイレなどを配置するのを避けるようになりました。

吹き抜けのある家の家相が良くないと言われます。

ある意味その考え方は木造の住宅では蟻のように思います。

通常で考えれば床があるべきところに床がないのですから
水平の力を伝えるところがなくなり地震に弱くなるという考え方は出来ます。

ですが現代の住宅づくりでは構造計算をすることによって
弱い部分に力が加わった時にそのぶん
他のところで支えるような計算を行うことができます。

昔の計算に比べてパソコンなどの機械が進歩して立体的な計算も行えるようになっています。

2階建ての住宅になると家の面積に対する壁の量なども
計算で構造的な強さを調べることができるのですが
吹き抜けのある住宅に対しては構造計算をしっかり行いたいところです。

構造計算では力の伝わり方を計算できるので
そのことで安全を確保することができると考えられます。

ですので家の家相を考えた時に吹き抜けがあると良くない
と決めつけるのも現在の構造計算は信用しないことになってしまいます。

構造計算をした住宅に限っては吹き抜けがあっても安全である
という保証をつけられると言えます。

例えばビルなどや公共物件の施設を考えた時に
巨大な空間を鉄骨の構造やコンクリートの構造で抑える事が可能になっているのは
だれもが見たことがあると思います。

住宅においても木造住宅や鉄筋コンクリート鉄骨造など
大空間を作ることが可能になってきています。

ただし誰もができることではないので
専門的な知識を持った一級建築士などに依頼することで可能になってきます。

吹き抜けを得意にしている会社であることも
重要なチェックポイントになってきます。

金運アップのインテリア

インテリアは季節によって左右されます。

例えば夏は気温が暑いのでカーテンなどの寒色系の青とか
爽やかな色合い白などの色が快適に思える季節です。

逆に冬の季節になると暖色系の茶色や暖かい赤の色が入った
暖かい色合いが快適に思える季節になります。

夏の季節に暑苦しい模様のカーテンや壁の色合いで
インテリアでコーディネートしていくと不快に思えたりします。

冬に寒々しいブルーなどのコーディネートしても
冷たく感じてしまって快適に思えないということもあります。

とはいえ夏と冬でインテリアを変えるというのもなかなかしにくいこと
ですのであまり色入れないと言ったことや
木材などの質感だけでインテリアを作るということが無難なため
色の少ないインテリアが日本では主流になっています。

海外の住宅などでは思い切って色や強い色などのクロスを使って
個性的にインテリアコーディネートをするということをしています。

日本の住宅展示場などは海外の方からするとどれも同じに見えてしまうような
あっさり系のインテリアが多いと言われています。

クセのないデザインとは言いますが、
ある意味ナチュラルとかモダンとかシンプルというような
インテリアが主流になっていると言えます。

癖のないインテリアの良いところというのは
夏と冬などの季節に左右されないということがあります。

冬にとても快適とか夏にとても快適なインテリアというような
振り幅はないように思います。

部屋のインテリアを強く個性を出していくということはしにくい場合は
トイレインテリアを少し工夫していくのも良いでしょう。

例えば落ち着くために緑の色を入れていくとか
温かい色合いの茶系統の色差し色として壁の一面だけに使っていく
というのも良いと思います。

黒などの濃色を使っていくと怖いイメージになってしまう場合もあり
子供のいる家庭では少し癖が強すぎます。

壁の一面だけを色を入れていくということは
白を基調にしてモダンに入れるをつけることができるます。

例えば壁の一面がブルー系とか暖色系の色などを入れても
冬や夏などの季節で邪魔にならないインテリアを作ることができます。

部屋全体に色を入れてしまうと季節で不都合がありますが
壁の一面だけであれば周りのベースの白の方が勝ってしまいますので
それほど影響を受けないということです。

風水で金運に良いとされる黄色を西に使うなどのインテリアも
壁の一面だけ黄色などを使って行くことによって実現していけると思います。

また個人によってはラッキーカラーもあるので
ラッキーカラーを壁の一面に入れていくことでも
下品なインテリアならずに実現することが可能です。

張りや欠けのある家相の間取りは地震や台風に弱い。

住宅を新築する時に気になる家相の中で
玄関やトイレの方位の他に建物の張りや欠けが非常に重要になってきます。

張りいうのは建物に対して出っ張りがあることで
欠けというのは建物に欠けた部分があることになります。

正方形や長方形の建物ではなく欠けがあることで
日陰やくぼみができてしまうので風圧を受けてしまった
り雨風が溜まってしまったりすることが起きて行きます。

また張りや欠けのあることで屋根形状が複雑になってしまいます。

特に屋根の谷のある部分では長期的に見て雨漏りなどの
住宅の弱い部分ができてしまいます。

台風やゲリラ豪雨などに対して正方形や長方形の住宅と比較すると
弱い住宅になってしまうことになります。

ですので住宅の間取りは梁や欠けのない
シンプルな形状にしておいた方が良いといえます。

屋根だけではなく壁のくぼみや入隅の部分には
長期的に見て影になったり湿気が溜まったり
強い雨を受けた時に雨風を受けやすくなってしまいます。

特に壁から雨が侵入することの原因にもなりかねません。

ですのでできるだけ凹凸のない蟻掛けのないプランにするというのが
家相をチェックする上で重要になってきます。

住宅の家相を気にする時に玄関やトイレなどの方位ばかり気になってしまいますが
本当に一番重要なものは建物の形状に張りや欠けがないということになります。

特に現代においては台風やゲリラ豪雨などで
記録的な雨量を観測することが多くなっています。

前の時代よりも住宅の形状をシンプルにするというのが大事になっています。

また日本においては地震に対しての強さも
間取りがシンプルで張りや欠けがない方がよく
地震力がバランスよく伝わりやすくなるために
耐震的にも強い住宅を作っていくことができます 。

家相とは

家相がなぜ現代まで重視されるのか?

それは、リスクが少なくなるからです。

家を長持ちさせるためには、凸凹がないほうが良いです。

なぜならば構造的にシンプルなほうが耐久性が高く
シンプルな間取りのほうが屋根形状もシンプルで
雨漏りのリスクが軽減されます。

鬼門というのは北東の方位のことを指します。

中国の言い伝えで悪い方位の起源は
北東から敵が攻めてくるからというものです。

それが言い伝えになって今に残る理由は
なぜだと思いますか?

いまは敵は攻めてきません。
戦争状態ではないから。

それでも鬼門の北東は冷えやすく、
南西の裏鬼門は想像より室内の気温が上がります。

そこで家相と言うジャンルを使いながら
命の危険がある間取りやゲリラ豪雨で雨漏りするような家を
避けた方が良いですよ、と

説いているわけです。



最近の投稿

プロフィール

一級建築士、住宅設計を主に手掛けています。設計に携わって30年、家相とか風水はあてにすると根拠も薄く面倒ですが、邪魔にすると失敗することもあります。施主の要望で風水や家相はいやというほど学びました。調べた結果、バッサリ切り捨てるほどうそでもないです。現代の住宅でこのぐらいは押さえておきたいということを真剣に解説します。家相や風水のとらえ方の参考になれば幸いです。

ブログロール

アーカイブ