仏間と神棚の方位、配置でしてはいけないこと

家を建てるときに気にすることの中に仏壇の方位や神棚の方位があります。

神棚や仏壇はマンションに住んでいる時からある
という方もいらっしゃると思います。

ですがマンションでは上に部屋があるというのは普通のことなので
あまり上の住人のことを気にしたりはしなかったと思います。

例えば仏壇の上を踏むような配置になってはいけないというのがありますが
マンションではどうしても上を通るといったことがあるかもしれません。

できないから気にしなかったということです。

戸建住宅では基本的には仏壇や神棚の上を歩くような間取りを作らない
というのが言われていることですですから仏壇や神棚の上は部屋がなかったり
収納であったりすることが多くなっています。

そのようなプランが作れなかった場合でも
天井を二重にするとか天井に雲と書かれた
専用のパーツを置くことで解消するといった方法があります。

他に言われているのは仏壇の上に神棚置かないとか
重ならないようにするということもよく聞かれます。

神棚や仏壇の向き、方位については一般的には南向きとか東向きと言われます。

北向きでなければ概ね良いとされています。

宗派によっては北向きにあえて配置する場合もあるので
その宗派の規則に沿ってと言ったところだと思います。

他に仏壇を置く場所についてよく聞く話としては
仏壇のすぐそばにトイレを置かないとか
仏壇のあるスペースの上にトイレを配置しないことがあります。

これは仏壇に入ってる方に失礼にならないように
隣に仏壇がとトイレが隣り合うとか
トイレの真下に仏さんをおくということを避けるためです。

よく聞かれるのは仏壇の中には他の家の位牌を中に入れないとか
神棚では御札を重ねて祀らないとかはよく聞かれます。

間取りには関係しないので簡単にできることではないかと思います 。

それから気にしたいところですが火災にあいにくい気づかいです。

現在ではロウソクなどをあまり使わないとは思いますが
仏壇の周りに火が燃え移らないようにする。

燃え移ることのないような配置が良いと思います。

カーテンのそばに仏壇とかは危険です。

実際に仏壇のところからも家事というのも聞かれることですから
燃え移る配置という配置は避けるべきでしょう。



運気運勢ブログが大集合。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ
にほんブログ村

風水ランキング

家の間取り集

カテゴリー: 仏間、神棚,家相 方位,神棚の方向、仏間の方向 | Tags: , ,

家相とは

家相がなぜ現代まで重視されるのか?

それは、リスクが少なくなるからです。

家を長持ちさせるためには、凸凹がないほうが良いです。

なぜならば構造的にシンプルなほうが耐久性が高く
シンプルな間取りのほうが屋根形状もシンプルで
雨漏りのリスクが軽減されます。

鬼門というのは北東の方位のことを指します。

中国の言い伝えで悪い方位の起源は
北東から敵が攻めてくるからというものです。

それが言い伝えになって今に残る理由は
なぜだと思いますか?

いまは敵は攻めてきません。
戦争状態ではないから。

それでも鬼門の北東は冷えやすく、
南西の裏鬼門は想像より室内の気温が上がります。

そこで家相と言うジャンルを使いながら
命の危険がある間取りやゲリラ豪雨で雨漏りするような家を
避けた方が良いですよ、と

説いているわけです。



最近の投稿

プロフィール

一級建築士、住宅設計を主に手掛けています。設計に携わって30年、家相とか風水はあてにすると根拠も薄く面倒ですが、邪魔にすると失敗することもあります。施主の要望で風水や家相はいやというほど学びました。調べた結果、バッサリ切り捨てるほどうそでもないです。現代の住宅でこのぐらいは押さえておきたいということを真剣に解説します。家相や風水のとらえ方の参考になれば幸いです。

ブログロール

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村