張り欠け と 家相 がなぜ重要なのか?

なぜ張り欠けと家相が重要なのか?

それは耐久性の高い家を作れるからです。

凸凹のない間取りを作ると何が良いのか?

それは、屋根形状がシンプルになります。

そうするとゲリラ豪雨や台風に強くなります。

なぜならばシンプルな屋根形状は雨漏りしにくいからです。

逆に複雑な間取りと屋根形状は雨漏りのリスクを誘発します。

公共物件なら良いですよ。
国のお金で雨漏りを直せますから

建築家の幻術的な作品は税金で直しても価値あるものです。

しかしながら、個人所有の家でそのリスクは避けたいですね。

雨漏りしにくくて構造的に安定して耐久性の良い家のほうが
良いに決まっているのです。

ですから、間取り的には張り欠けのない家のほうが耐久性に優れ
できるだけシンプルな形状のほうが構造的にはアクロバットなことをしなくて済みます。

ここで大事なこと

複雑だとだめですか?芸術性の高い家はだめですか?
ダメじゃないです。

初期費用とメンテナンス費用さえ払える財力があれば
見栄えの良い面白い家のほうが価値があります。

個性的でセンスの良い家を持てば周囲から認められるでしょう。
現実に社長や芸能人やアーティストが
ありきたりのセンスの悪い家に住んでいたらがっかりしますね。

家相や張り欠けを重視するのは
あくまでも一般的にリスクが少ない方向性を示しているだけなのです。



家の間取り集

カテゴリー: 家相,家相 方位,家相 欠け | Tags: , ,

家相とは

家相がなぜ現代まで重視されるのか?

それは、リスクが少なくなるからです。

家を長持ちさせるためには、凸凹がないほうが良いです。

なぜならば構造的にシンプルなほうが耐久性が高く
シンプルな間取りのほうが屋根形状もシンプルで
雨漏りのリスクが軽減されます。

鬼門というのは北東の方位のことを指します。

中国の言い伝えで悪い方位の起源は
北東から敵が攻めてくるからというものです。

それが言い伝えになって今に残る理由は
なぜだと思いますか?

いまは敵は攻めてきません。
戦争状態ではないから。

それでも鬼門の北東は冷えやすく、
南西の裏鬼門は想像より室内の気温が上がります。

そこで家相と言うジャンルを使いながら
命の危険がある間取りやゲリラ豪雨で雨漏りするような家を
避けた方が良いですよ、と

説いているわけです。



最近の投稿

プロフィール

一級建築士、住宅設計を主に手掛けています。設計に携わって30年、家相とか風水はあてにすると根拠も薄く面倒ですが、邪魔にすると失敗することもあります。施主の要望で風水や家相はいやというほど学びました。調べた結果、バッサリ切り捨てるほどうそでもないです。現代の住宅でこのぐらいは押さえておきたいということを真剣に解説します。家相や風水のとらえ方の参考になれば幸いです。

ブログロール

PVアクセスランキング にほんブログ村