欠けのある家相がなぜだめなのか?

家相で鬼門に欠けがあると不幸になるという記事を見かけます。

真四角よりは比較的トラブルはあるでしょうねといったレベルで
屋根と壁が複雑になるから構造的に不利とか
雨漏りや風が吹きたまるから家が傷むなどがあります。

雨漏りのしないような対応と構造をきちんと計算する。
汚れやカビに強い外壁を選ぶなどの対応で解消できます。

病気になるなどの記述は、根拠の薄い不安商法でしょう。

家相 欠け

欠けはどうしたら改善できるかという問いに
木を植えたら改善するということや、
壁を建てると良いなどがあります。

この効果はあります。
壁に雨風の集中や直撃を防ぐという意味です。

実際、入り隅の壁に雨風が集中して吹きつけ、
内部に水にしみこむ例があります。

正方形と比較して、弱い部分があるという風に理解していただければよくて、
過剰にしてはいけないというレベルではありません。

要点を言うと施工不良がなくて
雨風やコケに強い外壁を選び、
屋根形状を複雑にしないということです。



家の間取り集

カテゴリー: 家相 欠け | Tags: , ,

家相とは

家相がなぜ現代まで重視されるのか?

それは、リスクが少なくなるからです。

家を長持ちさせるためには、凸凹がないほうが良いです。

なぜならば構造的にシンプルなほうが耐久性が高く
シンプルな間取りのほうが屋根形状もシンプルで
雨漏りのリスクが軽減されます。

鬼門というのは北東の方位のことを指します。

中国の言い伝えで悪い方位の起源は
北東から敵が攻めてくるからというものです。

それが言い伝えになって今に残る理由は
なぜだと思いますか?

いまは敵は攻めてきません。
戦争状態ではないから。

それでも鬼門の北東は冷えやすく、
南西の裏鬼門は想像より室内の気温が上がります。

そこで家相と言うジャンルを使いながら
命の危険がある間取りやゲリラ豪雨で雨漏りするような家を
避けた方が良いですよ、と

説いているわけです。



最近の投稿

プロフィール

一級建築士、住宅設計を主に手掛けています。設計に携わって30年、家相とか風水はあてにすると根拠も薄く面倒ですが、邪魔にすると失敗することもあります。施主の要望で風水や家相はいやというほど学びました。調べた結果、バッサリ切り捨てるほどうそでもないです。現代の住宅でこのぐらいは押さえておきたいということを真剣に解説します。家相や風水のとらえ方の参考になれば幸いです。

ブログロール

PVアクセスランキング にほんブログ村